レイキを教えて十数年 感じる力

レイキを教えて14年目①腰椎ヘルニア

投稿日:

院長のツノダです。

2017年でレイキを教えて14年目になります。

数千人の患者様お客様にかかわってまいりました。

今だから言えることなど14年間を回顧していきます。

今回は

腰椎ヘルニア

椎間板ヘルニア

第四第五腰椎

私がレイキを習うきっかけになった病です。

症状はお尻が痺れ、裏の太股が痺れます。

私は左の腰椎4番5番が神経に当たり痛みを抱えていました。

当時は別の仕事でしたので、今とは違いまったく知識がなく

病院で治すことしか頭にありませんでした。

「MRIを撮影して、ヘルニアだねー」

 

しか、医師に言われませんでした。痛かったら

薬出すよー。

プロレスラーの通う病院では腹筋のやりかたの

a4一枚の資料をもらった記憶があります。

自分で何を行ったかというと

近くの整骨院で鍼、ストレッチのやり方を習いました。

そしてレイキを習い、

健康食品を購入し、免疫を高めていきました。

痛さがひくまで3ヶ月かかりました。

行ったこと

  • 腰回しの運動
  • 肛門を絞めるストレッチ 猫のポーズ
  • 腹筋
  • レイキヒーリング 腰に手当て朝昼晩時間さえあれば
  • 健康食品 βーグルカン、ベーターカロティンの摂取

しかし、この経験から「自分で治す」ことを学び

仕事も整体院経営になった行きました。

今もpc作業が多いと腰痛になりますが基本は

レイキヒーリング、ストレッチ、マッサージです。

同じ動作、血が流れない、筋肉が硬くなる、神経に当たり痛みがです。

つまり、筋肉を柔らかくすればよいのです。

入浴後のストレッチがよいのもこれが理由です。

レイキが使えるので、患部に30分くらいヒーリングするだけで痛みは取れてきます。

全てレイキで行うのではなく、知識を学んでマッサージ、ストレッチ、そしてレイキヒーリングで

痛みをとりましょう。

椎間板ヘルニアになったことで、レイキスクールを開業することになりました。

これが私の原点です。体の痛みが取れない方いつでもご連絡ください。

私が楽にします!

 

 

 

 

-レイキを教えて十数年, 感じる力
-,

Copyright© ツノダシゲル・ホリスティック・ヒーラースクールsince2004 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.