1人サロン、セラピストの皆様。「持続化給付金」をもらうには損益計算書の書き方でお店の将来がきまります。

1人サロンオーナー、フリーランスセラピストの皆様

ひごろから経理をしっかり自分で行っていれば持続化給付金は支給されます。

 

損益計算書を見てください。

貸借対照表は資産を見ますよね

損益計算書は毎月の売り上げをみます。

当然経理ソフトを使用していると思います

まさか、1人サロン経営で領収書を

張り付けて税理士に渡してませんよね?

「手書きが一番」

などと言って

昭和初期の人間みたいなこと言ってないですよね?

で、インスタのストーリーズには毎日投稿してませんよね?

だからセラピストは開業3年目で85%が廃業します。

3か月で50%のデーターもあります。

しつこいようですが

1人サロンだから毎日の帳簿、顧客管理は大切です。

損益計算書をしっかり書き込み

昨年の決算書、確定申告書と

今年の月別売り上げ1月から4月を比較して

1か月でも昨年の同月の売り上げの半分の月があれば

持続化給付金はもらえます。

昨年の売り上げ100万今年49万円の月があれば

マイナ51万円かける12か月で612万円もらえる計算になりますが

中小企業でmax200万

フリーランスでmax100万なのです。

オンラインで申請のようですので

毎月しっかりつけている

損益計算書の知識があれば

給付金がもらえるかもらえないか

どうすればいいか・

自分で考えて判断するのが1人サロンオーナーのお仕事です。

純利100万円稼ぐには

どれだけマッサージすればいいか

わかるはずです。

売り上げの減った1人サロンセラピスト、

カウンセラーの皆様が今後もサロンを継続できるように役に立ってくれればうれしいですね

-今月の新着情報

© 2020 湘南自然療法院 Powered by STINGER