腰痛が治せなくてはレイキマスターを名乗ってはいけません。

現代レイキマスターとしてレイキを伝授してきましたが

時代と共にニーズの変化を感じています。

よりスキルの高さが求められてきました。

また、レイキを実践する人も増えたことはうれしいのですが、

中には短時間でマスター認定書をもらえたり

エネルギーの使い方がわからない人が意外と多い事を

特に痛感しています。

私も10年前は、金額が安くて、講座時間が速いスクールで受講して失敗して再受講しました。

結局、しっかりした施術者の先生から学んだから今の自分があると思っています。

当時の私の志が低かったのですごく気持ちがわかります。

それを反省し、私のスクールは安易にマスターにしない方針です。

レイキは「レイキ療法」ですので「治し」なのです。整体療法です。心を癒すこともできる自然療法です。

ですから「治せなくては」いけないのです。

治せるセラピストを育てる レイキマスターセラピスト講座は

レイキマスターセラピスト講座をレベル3まで終了し

手当て療法を学び実践を積んでもらい

そこでマスターコースが受講できるシステムです。

腰痛が治せないくせにマスターを名乗ってはいけません。

違いますか?

膝痛、腰痛が治せたかたがマスターコースを受講できます。

レイキ以外の技術があれば良いことですが、レイキだけで治してもらいます。

以前はマスターコース受講料100,000円でしたが

70,000円になりました。

レベル3のあとの整体講座が30,000円だから

総金額は変わりませんが、マスターまで来た人はほんとうにスキルが高い方です。

スキルがしっかりした人だけがレイキマスターを名乗ってください。

そして、マスターになってからがスタートです。整体の学校も、鍼灸の学校も卒業して成功ではありません。

お店出して利益を出し続けて成功です。

「私は歴史ある伝統の整体学校を卒業しました。」・・・・・・・

レイキスクールも一緒。卒業してからでしょ!

毎日ヒーリング、整体して始めてスタートラインに立てます。

私も10年前は200名無料で施術してそれからお金を頂きました。

できるだけ数をこなして経験を積むことがマスターへの道です。

厳しいかどうかわかりませんがより治しにこだわるスクールです。

シェアする

フォローする