整体講座 股関節痛のケアー 股関節痛の手術は必要ありません。 

股関節痛

内股は股関節痛の原因

内股は股関節痛の原因

写真のように内股の場合

ほとんど足の付け根、腸骨筋が固く

近いうちに必ず股関節痛になります。

強く押せば腸骨筋は100%痛いはずです。

年齢を重ねれば

人工股関節手術が一般的です。

【股関節痛は治ります】

足の付け根 腸骨筋に手を当てます

手からのエネルギーが、患部の筋肉をやわらげ

痛みは軽減します。

大転子(だいてんし)足の骨が刺さっている部分

この周りが筋肉炎症をおこしているので

絶えず痛いのです。

血流を再開してあげることです。

やり方は手を当てるだけです。

手当療法です。

手技はいりません

手を当てるだけです。

整体師に「手力」があれば

患部は血流を再開します。

「手力」がない場合は

大転子の周りを柔らかくするストレッチ

手技を繰り返すことになります。

【股関節痛の手術は必要ありません】

股関節が痛いのではなく

周りの筋肉が痛いのです。

血流が悪く筋肉が固くなり

神経にあたる

痛みがでる。

この繰り返しです。

貴方の周りに股関節痛の方がいれば

目黒までいらしてください。

整体師の方

手当療法を学びたい方も同じです。

手力をつけることができます。

大丈夫です。

股関節痛の手術は必要ありません。

ホリスティックセラピスト・ツノダシゲル

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。